To The Mall Outpost

ほぼずっとメトロで迷ってた回

Vault 101を飛び出して、行方不明になった親父を探している101のワイ。前回はキレイなお姉さんのために全然関係ないクエストをやっていましたが、それも前回でケリがついたので、今回はもとの親父のあとを追うメインクエストを進めていこうと思います。具体的には親父と知り合いの Galaxy News Radio の DJ、Three Dog の協力を得るために、彼のラジオの電波が遠くまで届くように、Museum of Technology から新しい中継アンテナを調達して、Washington Monument の設備をアップグレードする必要があります。

あいだに関係ないクエストを挟んで、以前に探索したときよりレベルが少し上がっているので、ピッキングで開けられるカギが増えたり、ハッキングできるターミナルが増えていたりします。そのため、今回はおさらいも兼ねてもう一度、Galaxy News Radio から Dupont Station 周辺まで前に進んだ道をたどりつつ、探索し直そうと考えました。

さっそく知らない出口

そんなことを言った矢先に、さっそく前回気づかず通り過ぎていた扉を見つけて、前回の探索経路のおさらいから脱線してしまいます。この出口、横に B. O. S. のマーク付きで“To Mall Outpost”と案内が書いてあるので、たぶん今目指している Museum of Technology とか、Washington Monument の近くにあると言われていた The Mall 方面に出る道のはずです。こっちが順路だったんですね。どうりで前回は脇道を進んで全然関係ないクエストに行き着いたわけです。

Raider

扉の向こう側はメトロの線路がずっと続いていて、Raiders の拠点になっているようでした。脅威の度合いで言うと、Super Mutants よりはまだマシかなぁ。相変わらずアクションやシューティングは苦手なので、グダグダと戦っていたんですが、すぐ死ぬほどの難易度というふうには感じませんでした。

うっかり Stealth Boy

年末のお休みで、めずらしく真っ昼間からゲームをプレイしていたので、緊張感がなさすぎて、Stimpak を使おうと思ってすぐ上の Stealth Boy を使ってしまいました。もったいね~! でも大切に残しておいても、私の戦闘の腕だとうまく使いこなせる自信がなかったので、むしろプレイ日記のネタになっただけよかったかもしれません。

Georgetown

メトロを進んだ先で Georgetown North という駅に出ました。せっかくだからと言いたくなるところですが、外に出て探索しているとキリがないので、すぐにメトロのなかに引き返して、別の道を探します。

Georgetown North

ちなみに位置で言うと Dupont Circle の南にあるメトロの駅みたいです。Museum of Technology はまだ遠いですね。

メトロの路線図

メトロの駅員室みたいなところにあるターミナルをハッキングして、メトロの路線図を手に入れました。でもこれ、そんなに大事……? 絶賛迷走中の方向音痴としては、もっと細かい地図がほしいぜ☆

このゲーム、いちおうオープンワールドなんですけど、おそらく開発の規模を抑えるために、瓦礫を挟んだ細かいエリアごとに区切られていて、そのエリアをつなぐ通路としてメトロがあるみたいな構造になっているっぽいんですよね。それはそれで全然、不満なんてないんですけど、メトロは構造上、どこも景色が似たり寄ったりで、方向音痴キラーなことこの上ありません。わかりやすい地図をくれ~!

Dupont Circle

けっきょく以前に Raiders と戦った Dupont Circle に戻ってきました。配信ではロータリーって言ってたんですけど、道路交通法に沿った用語を使うなら、環状交差点とかラウンドアバウトって言ったほうがいいのかな? ここに残っていた Raiders と戦いながら、ほかに進める道があるか探します。ここの Raiders はメトロに潜伏している連中より強い気がするんですよね。あと、地雷があちこちにあって、地味に厄介です。

Our Lady of Hope Hospital のターミナル

せっかくなので Dupont Circle から行ける Our Lady of Hope Hospital に向かって、前回はスキル不足でハッキングできなかったターミナルやカギを開けて回ることにしました。案の定、1個だけターミナルのハッキングに失敗してしまいます。ま、どうせ金庫の中身は重要でもない医療品ぐらいだろうから、潔く諦めます。

ナースステーションのターミナルには、ほかにも三人分の患者データが残されていて、隣の Statesman Hotel で殺されている女性と一緒にいるときに足の付け根の肉離れを起こした男性とか、枕にやたらと執着する男性とか、Hubris Comics の印刷機が故障したときに蒸気と化学薬品を目と手に浴びた従業員の話なんかが読めます。とくに作品全体の物語に広がる様子はないので、あくまでこの病院の物語に厚みを出すために用意されたエピソードってことだと思います。Hubris Comics の事故とか、ホテルのクレームとかに言及することで、戦前の世界もけっこう狂っていたという世界観もわかりますしね。

Mr. Handy

カギがかかった扉を開けると、物置みたいな部屋に Mister Handy が閉じ込められていました。扉を開けたことで病院のなかを巡回し始めますが、とくになにができるということでもないみたいです。あれかな、敵がまだ残っていたときだと、代わりにおとりになったり、戦ってくれたりするのかな?

ビックリ装置も復活

乳母車から赤ちゃんの泣き声がして、振り返ると爆発するワナも復活していました。しかし復活具合が中途半端過ぎて、空中に浮いています。逆に怖えよ!

 D.C. Journal of Internal Medicine

読むと Medicine のポイントが上がる本を取り損ねていたので、しっかり読んでおきました。スキルが上がるこういうアイテムはけっこうあるので、ほかにも見落としているものがたくさんあると思います。

病院を見終わったときに、荷物がいっぱいになってしまったので、一度 Megaton に戻って荷物整理をしています。

Centaur と Super Mutant

Georgetown North 駅にファストトラベルして、またメトロの探索に戻ろうとしたら、周辺にいた Super Mutants と Centaur に見つかって戦闘になってしまいました。駅周辺の敵を片付けていなかったことをすっかり忘れていたんですよね。やっぱり Super Mutants は強ぇんだよな~。

Super Mutant Brute

Super Mutant Brute はぼやぼや相手をしているとすぐ死ぬ印象です。タイマンだからなんとかなるけど、複数匹で来られたら軽く死んじゃいそうです。

McClellan family townhome

Super Mutants を片付けるために駅の周辺を歩いていたところ、なかに入れる建物を見つけました。Townhome となんてことない名前が付いたロケーションなんですが、前の看板を見るに、McClellan という一家が住んでいた家みたいです。なんか地元の歴史に絡んでいる名家とかで、ここも有名な観光スポットなのかな?

Mister Handy

なかは小さな子供がいそうななんてことないファミリー向けの住宅なんですが、奥の部屋にスリープ状態の Mister Handy が置かれていることに気づきました。この日はなんか Mister Handy をよく見つける日だったようです。

Mister Handy のターミナル

アルコール中毒のアルコール分が抜けたときの視覚効果で、加速装置でも起動したみたいな見た目になっていますが、となりのターミナルを開くと、ここの Mister Handy を操作できるようでした。ただ、現段階でなにが求められているのかわからなかったので、このときはなにもせずにこの家をあとにしました。たぶん、どっか別のクエストで Mister Handy が必要になってまた来ることになるんじゃないかな?

ターミナルの選択肢を見てみると、家族の世話が一通りインプットされていることがわかります。“Walk Muffy”はたぶん、Muffy っていうワンコの散歩でしょうね。ほかには買い出しに行ったり、詩を読んで子供を寝かしつけたり、自宅警備を命じたりもできるようです。えらく作り込まれていますね。ただ、ここの家族に関する情報が全然見当たらないんですよね。ここもあんまり物語が広がる様子がないとなると、なにか元ネタがあるオマージュだったりするのかな?

Pennsylvania Avenue

メトロに戻って探索を続けていると、新しい地下鉄の出口、Pennsylvania Avenue を見つけました。ホワイトハウスが近いところだと思うので、だいぶ南下して目的地に近づいてきたようです。ただ、Museum of Technology のすぐ近くではないし、まだもと来たメトロに行ける道が残っているので、地下に戻って探索を続けます。

レベル10

メトロでグールを殴り倒していると、いよいよ101の聖女も10歳になりました。潰しがききそうな Small Guns を上げるべきかなぁと毎回悩んでいるんですが、そのうちパワーアーマーを着だしたら Big Guns に移行するような気がして、もったいなさから振り切れずにいます。悩んだ末に、ひとまず Sneak をキリがいい50まで上げておくことにしました。ステルスアタックが決まると攻撃がクリティカル判定になって大ダメージを与えられるので、ムダにはならない気がしました。クリティカルが決まると、今のところ一発で仕留められることも少なくないので、Stimpaks の節約にもなると思ったんですよね。

Finesse

Perk 選択はネタ的な意味もある Mysterious Stranger と悩んだ末に、Finesse を選びました。配信では読み間違えて“Fitness(フィットネス)”と連呼していますが、聞かなかったことにしてください。読み間違いは私の配信ではあるあるです。この Perk もクリティカルの確率が増すものなので、今後はダメージ量増加が期待できると思います。あと、運も上がるみたいなので、運任せ野郎プレイに拍車がかかると思います。ただ、“equivalent to 5 extra points of Luck”の意味はよくわかりませんでした。S. P. E. C. I. A. L. の Luck の値が5ポイント増加と勝手に解釈してたんですけど、あとで冷静に考えたら盛りすぎなので、クリティカル率だけ Luck を5ポイント上げた数値の相当量増加するって解釈でいいのかな? いや、ここら辺の計算式、全然知らんのですけども。

Pennsylvania Avenue North

10歳になったあとも探索を続けて、Pennsylvania Avenue に出る別の出口を見つけました。ここは Pennsylvania Avenue North という駅名みたいです。この大通りは大きいから、Dupont Circle みたいに、周辺に複数の駅があるんでしょうね。でも今はホワイトハウス周辺に用があるんじゃなくて、Museum of Technology に行きたいだけなので、ちょっと目に入った Super Mutant を殴ったあとは、またすぐメトロに戻ります。

To The Mall Outpost

しばらく方向音痴らしくさまよったあと、うっすら覚えていた出口を見つけました。最初の案内と同じように、B. O. S. のマーク入りで“To Mall Outpost”と書いてあるので、こっちが順路だと思います。

昔ながらの和製 RPG で育った人間としては、脇道に宝箱がある感覚が染みついていて、順路だと思ったら進むのをやめて周りを探索したくなるんですよね。でもこのゲームはそんなことをしてると永遠に探索が終わらないので、今回は関係なさそうな場所に出たら回れ右して、目的地に着くことを第一目標にしようと努めています。

The Mall

はい、ということで、最後に残されたメトロの出口に出ました。The Mall となっているので、ここが目的の Museum of Technology と Washington Monument があるエリアだと思います。

Museum of Technology

Pip-Boy の地図で確認したら、目と鼻の先でしたね。これで目的地への道は確保できたので、次回から Museum of Technology の探索を始められます。

101の聖女への貢ぎ物

荷物整理のために Megaton に帰ると、101の聖女にまた貢ぎ物をくれる人が現れました。今までは Stimpak でしたけど、今回は .44 Magnum round がもらえました。弾、しかもマグナム弾ももらえるんですね。

さて、次は Museum of Technology でラジオ局の中継アンテナ探しをする予定ですが、次の更新は来年になると思います。2020年もあっという間に年の瀬になってしまいました。今年は新型コロナウイルスの騒動がずっとあって、なんだかよくわからない年のまま終わっていく印象です。来年にはもうちょっと収まることを願っています。みなさま、残り少なくなりましたが、安全第一でよいお年をお過ごしください。うちのブログも暇つぶしのお役に立てれば、来年もどうぞよろしくお願いします~。

Twitch 伝家の宝刀 Shishkebabに続く
指さし 目次に戻る